WEB会議を快適にする おすすめの機材・アイテム10選

当サイトはアフィリエイト広告を利用しています。
WEB会議

WEB会議を快適にする機材・アイテムを紹介します。

2021年は年間200回以上のWEB会議を実施した会社員であり、ITエンジニアでもある私が、
実際によく利用するアイテム選定しました。

実際に会議を設営して困った経験から購入している機材もあります。
外部の方を招いてから機材が足りなかったということが無いよう、事前の準備が必要な機材の解説もしていますので、是非参考にしてみてください。

アイテム・機材一覧

  • マイク
  • WEBカメラ
  • マウス
  • USB増設ハブ
  • ノートPCスタンド
  • 照明
  • 変換ケーブル
  • プロジェクター
  • 電源タップ
  • ICレコーダー

本記事では、以下2ケースの場合のおすすめを紹介しています。

  1. テレワークや少人数で参加するWEB会議
  2. 大人数が同じ場所に集まって参加するWEB会議

テレワークや少人数で参加するWEB会議でおすすめの機材・アイテム

マイク

WEB会議等で双方向でのやり取りが必要である場合、つまりこちらの声を届ける必要がある場合には、マイクが必要となります。

一人もしくは少人数で利用する場合

最近ではマイクが搭載されているPCも多く、一人もしくは少人数で会議に参加する場合にはPC内蔵のマイクで支障がない場合が多いです。

購入の前に事前に確認することをお勧めします。
意外にもデスクトップPCでも内臓されている機種もありますので、ぜひ確認してみてください。

内臓マイクの有無についての確認方法は以下記事をご参照ください。

テレワークでの会議参加の場合

自宅に家族がいる場合には会議の会話を聞かれないように注意する必要があります。

そのような場合には自身にのみに会話が聞こえるようにヘッドセットの用意がおすすめです。

ヘッドセットというと有線タイプの製品を想像しがちですが、最近ではBluetoothによるワイヤレス接続タイプの安価な製品も数多く販売されています。

また、『AirPods』のようなマイク付きのイヤホンを利用するのもおススメです。

WEBカメラ

近年はWEB会議の際にカメラで顔を映すことが求められることが増えてきたように感じています。
WEB会議だけではなく、ZOOM等のWEB会議システムを用いたセミナー等に参加した場合にもカメラは必須となるケースが多いです。

WEB会議で需要が増えているためか最近ではカメラが搭載されているPCも多く、一人や少数で会議に参加する場合にはPC内蔵のカメラで支障がない場合が多いです。


購入の前に事前に確認することをお勧めします。
マイクと同様にデスクトップPCにも内臓されているケースもありますので、ぜひ確認してみてください。

WEBカメラの選定方法とおすすめWEBカメラについては以下記事にまとめています。

マウス

マウスには大きく分けると以下種類があります。

  • 有線マウス
  • 無線マウス
  • Bluetoothマウス

それぞれのメリットは以下の通りとなります。

種類メリットデメリット
有線電池や充電が不要
接続の安定性◎
ケーブルが邪魔となる
利用場所がPCの近くに限られる
無線コードが無いので机上の操作がしやすい
PCの近くでなくても操作可能
電池が切れると使用できない
Bluetooth USBポートが不要
コードが無いので机上の操作がしやすい
PCの近くでなくても操作可能
電池が切れると使用できない
Bluetoothの利用が多い状況だと安定性に欠ける

それぞれの用途に合ったマウスの種類を選ぶと快適に利用できます。

USB増設ハブ

最近のノートPCは薄型になっているので、USBの接続端子が少ない端末が多くあります。
マウスに加えてマイクやカメラ等の外部機器を接続しようとしても、端子の数が足らなくて接続ができない場合があります。
しょうがないのでマウスを外してWEB会議を行っているという方も多いのではないでしょうか。

そんな場合にはUSB増設ハブを用意すると解決できます。
値段も手ごろなので、USBの接続端子が少なくて困っている方にはおススメです。

ノートPCスタンド

ノートPCのスタンドは以下の悩みを抱えている方におススメです。

  • ノートPCのモニターが低くて姿勢が悪くなってしまう
  • ノートPCのキーボードが打ちにくい
  • 内臓WEBカメラの高さが合わない

照明

テレワーク中のWEB会議で自分の顔の映りが悪いと感じることはありませんか?

画質が良いWEBカメラを用意するのも一つの手段ですが、多くの場合は自宅の照明が原因となっています。

そんな場合におススメなのが、自撮り撮影用のLEDライトです。
手軽に導入できますし、値段もお手頃の製品が販売されていますので、まずは照明から変えてみることをご検討下さい。

ICレコーダー

議事録をお願いされちゃった。

WEB会議だと誰がしゃべっているか全然わからない!

会議の録画ができる有償アカウントじゃないからあとで確認もできないし・・・

そんな場合にはICレコーダの用意がおススメ!
スマホで録音もできますが、途中で電話がかかってきて台無しになることが多々あります。

大人数が同じ場所に集まって参加するWEB会議のおすすめ機材・アイテム

大人数が会議室等の同じ場所からWEB会議へ参加する場合、 おすすめ機材・アイテムを紹介します。

マイク

大人数での利用の場合にはノートPCの内臓マイクだと声が拾いきれない場合が多々あります。
会議テーブルを囲んで話す状況ですと、離れた席に座っている人の声が会議システムに認識されないです。

そのような場合には、外付けのマイクを用意すべきです。
利用用途に応じたおすすめのマイクにつきましては、以下記事をご参照ください。
★記事準備中(少々お待ちください)

プロジェクター

大人数が同じ会議室を利用する場合、50インチ以上の大きいモニターを用意して画面を共有しながら会議を進める場合があるのではないでしょうか。

モニターだと会議室のスペースを取ってしまう、とお困りの場合にはプロジェクターがおすすめです。
大体の場合にはモニターよりも安価ですので、コスパ面でもおススメです。

変換ケーブル

多人数が参加する会議でよく発生するのがケーブル端子問題です。

会議の主催者となる端末をモニターやスクリーンへ映すことも場合にはケーブルの端子に注意する必要があります。

  • VGA端子
  • HDMI端子
  • USB Type-C
  • Lightningケーブル

上記ケーブルに対応できるように変換ケーブルを用意しておくと、大体の端末に用意できますので、余裕があれば用意しておきましょう。

電源タップ

会議室に参加者全員のノートPCの電源ケーブルが利用できるような電源は用意されていますか?

通常は短時間の会議なので電源を繋げなくても問題無いかもしれないですが、思いもよらず長時間の会議が発生してしまうこともあり得ます。

そんな場合に人数分が接続できるように延長の電源タップを用意してあると便利です。


以上、お読みいただきありがとうございました。

WEB会議システムの選定にお困りの方は以下記事をご参考ください。
今回紹介したアイテムはどのWEB会議システムでも利用可能です。

WEB会議
スポンサーリンク
シヅマブログ

コメント